2022年度の委員会

例会運営委員会

委員長 松尾翔太

従来の日常が当たり前ではなくなった、今の時代。自分の事で精一杯になりそうな現状を打開し「明るい豊かな社会」を実現するには青年が持つエネルギーと新たな視点、それをまちや市民に波及させる強いリーダーシップが必要不可欠です。会員の意識と貪欲に学び続ける意欲の向上があってこそ、はじめてまちの未来を切り開くことができると確信しています。
会員が求める学びとはどの様なものか、どの様な設えをすれば当委員会が考える学びの趣旨が伝わるのか等を熟議し検討をすることで、メンバー同士の友情の構築や、成長に寄与する運営を行います。
2020 年から現在に至るまで新型コロナウイルス感染症の影響により対面式での定例会の開催が困難な状況が続いています。2022 年度は対面式定例会の開催を前提とし、Web 開催に切り替わったとしても質を落とすことなく運営して参ります。また定例会の案内を配信した時点で多くの会員に「おもしろい」と思ってもらえるような企画立案を行い定例会の出席率を高めます。

 

会員交流広報委員会

委員長 有澤由真

当委員会は、当会の魅力に共感し入会した新入会員が初めて所属する委員会です。新入会員にはまず、当会と地域との繋がりや、地域社会における当会の存在意義を理解して頂きます。そして、地域社会に貢献していくことを通じて「明るい豊かな社会」の実現を目指すという高い志を持って行動していく新入会員の育成を目指します。
また、まちづくりに繋がる事業を生み出していく中で、仲間と切磋琢磨しながら活動する素晴らしさと、互いに助け合いながら団結することで多様な可能性に挑戦できるということを知り、実感できるような委員会運営を心がけて参ります。
新型コロナウイルス感染症の影響により疲弊した地域社会や、活動の制限を受けている市民に対し、当会の会員が「止まない雨はない」という精神を持って、青年会議所活動に取り組んでいけるように、委員会一丸となって取り組んで参ります。

 

 

会員拡大広報委員会

委員長 東川瞬

今年度の会員拡大活動は“成果に拘る姿勢”を意識して参ります。現在、当会の会員数は減少しており、これまでと同じような拡大活動では組織が弱体化し、持続可能な運動を展開する事が難しくなります。一人ひとりが会員拡大の目的を理解し、「拡大しなければならない」と、当事者意識を持つ事が最も大切であります。まずは、当委員会が率先して取り組む姿勢を見せる事で、組織全体の意識変革を起こし、会員全員が一致団結し、成果へと繋げて参ります。
また、認知度を高めるための広報活動として、SNS の発信を中心に、一人でも多くのファン作りを行います。OB・OG 合同定例会では、先輩方と交流を図り、今後の活動の幅を広げる機会を提供し、8LOM 合同定例会では、会員相互の友情関係を深める事が出来る定例会を設営致します。会員、OB・OG、市民と共感を得る事に力を注ぎ、当会の魅力を発信して参ります。

 

国際交流委員会

委員長 水江周平

当会はまちの方々と共に「明るい豊かな社会」を築くという目的を持って、活動を行って参りました。関係諸団体を含む沢山のまちの方々に、これまでの感謝の想いを伝え、さらにこれからの当会の方針を伝える事に
よって、今後も共にまちづくりを築く事が出来るような関係性を持続できるようにします。
また、本年度の活動の中で他の会員の手本となった会員を称え、卒業する会員から当会で学んだ想いを伝えて頂く事により、次年度以降へ想いを繋げて参ります。昨年度、新型コロナウイルス感染症の影響により香港浩洋青年商會との対面での実施が叶わず、非対面での実施となったジョイントプロジェクトでしたが、本年度はそこで学んだ知識・経験を元に昨年度の想いを引継ぎ、参加する青少年が客観的に、自国における課題の現状を認識できるサポートを行います。そして経験し得た事を自分の成長だけに留まらず、啓発活動を通じて、まちの発展に繋がる人材を育成する事業を遂行いたします。
青年会議所のネットワークは吹田だけではなく大阪・近畿・日本・世界へと広がっています。国際交流は青年会議所の持つ 1 つの強みであり会員には機会を提供する事が出来ます。当委員会ではこの機会を有効に活用し、枠に囚われる事なくグローバルな視点を養える会員の育成をします。更には、当会がどの様な歴史を築き地域と共に想いを重ねてきたかを学ぶ事によって、今後の青年会議所活動に大きなやりがいを感じると共に、委員会メンバーが『想いの架け橋』となる委員会運営を目指します。

 

青少年育成委員会

奥谷康人

当委員会は「人の繋がりの大切さや挑戦する心、困難に立ち向かい乗り越える力、達成感、社会人として生き抜く力を身に付け、この地域の未来に夢や希望を持ってもらう必要があります。」の所信をもとに子どもた
ちによりよい経験を積む機会を提供し、子どもの模範となり「明るい豊かな社会」に少しでも近づけるよう行政・関係諸団体と連携し活動していきます。
新型コロナウイルス感染症の影響で Web でのコミュニケーションが中心となり、直接会って話す機会が少なくなってしまったことから、伝えたいことを的確に伝えることが難しくなりました。会員が対面・非対面関係なく、情報や想いをしっかりと伝えられる力を持つための定例会を設営します。
委員会活動としては、当たり前の行動、挨拶、声掛け、コミュニケーションなどを率先して行い、自らが子どもたちの良き見本となることを意識します。また、先を見据えて常にアンテナを張り、何事にも妥協することなく、最後にはみんなで帳尻を合わせ、少しでもより良いゴールに近づける方法を常に考え活動していきます。

 

事務局

事務局長 原田乃梨子

事務局は、組織運営の要として、会員がより良い環境でまちづくり運動が出来る基盤を整えて参ります。当会が今後も「明るい豊かな社会」を築いていくためには、全ての会員が活動に参加する志を持ち、安定した組織運営を行うことが必要です。
まずは、これまで築き上げてきた安定した組織運営を継続するために、総会の設営を厳粛かつ円滑に行ないます。
そして、会員が各種大会・セミナーへの理解を深めることが出来る情報発信の在り方を模索します。その結果、より多くの会員が各種大会・セミナーへ積極的に参加するようになることを目指します。
会員一人ひとりが当会の一員であることへの自覚と誇りを持って活動できる組織となるよう取り組んで参ります。

市長対談

Hello;) New Normal! 市民のニューノーマル 紹介

STAY HOME〜家での時間を快適に〜

不要タブレット型端末・ノートPCの寄附のお願い​

MEDIA
LINKS
近隣JC
  • 一般社団法人 池田青年会議所
  • 一般社団法人 茨木青年会議所
  • 一般社団法人 大阪青年会議所
  • 一般社団法人 摂津青年会議所
  • 一般社団法人 高槻青年会議所
  • 一般社団法人 豊中青年会議所
  • 一般社団法人 箕面青年会議所
日本JC
  • 公益社団法人日本青年会議所
  • 近畿地区協議会
  • 近畿地区協議会 大阪ブロック協議会
姉妹JC
  • 浩洋青年商會(オーシャンJC)
行政・その他団体