2021年度の委員会

例会運営委員会

委員長 坂本数馬

多様な選択が可能な社会の実現の為には、それらを形成する個人の根幹に社会的モラルを持ち合わせなければ成り立ちません。個人がより個を主張し続けると、多様な行いが許されるだけの社会が形成されてしまいます。人と人が支えあって共生するためには、地域共育にみられる過去の習わしに立ち返り、未来を見据える必要があります。020 年、新型コロナウイルス感染症により日本のみならず世界中が混乱し、我々も当初想定していた青年会議所活動ができず、如何に会員の気持ちに影響したか計り知れません。私は JAYCEE としては浅学非才ではありますが、これまでの活動で委員会は社会の縮図であると学んで参りました。同じ目的を持つことにより一体感が生まれ、役割を担う事で責任感を養い、経済活動や家庭との両立をする為に助け合い、トライ&エラーののちに目的を達成する事で知恵と強靭な精神を育み、委員会メンバーは心技ともに成長します。
青年会議所はいかなる時も社会の模範として運動を実践していく事が必要とされ、地域社会に彩りを加える役割があります。定例会を通じて会員の智見を広め、公明正大な感性を持って社会を明るく照らす指針を心得ていただき、地域貢献における主体的な意欲を高めます。そして非対面における定例会では情動を追求し続け、対面時には感動を先導し、当会のアイデンティティを確立します。

 

会員交流広報委員会

委員長 赤松優希

2020 年に発生した新型コロナウイルス感染症に伴い、当会の活動は大きな制限を受けました。ただ、新たな発見として、困難な状況下だからこそ会員それぞれが自主的に考え、行動する機会となったことも事実です。
本年も新型コロナウイルス感染症の影響が続くと見られております。これまでとは違う状況下で、まちのためにどのような機会を創出し提供することが出来るか、自発的に考え行動することで会員一人ひとりが成長し、またそれが組織の成長にも繫がり、最終的には組織がより魅力あるものとなります。魅力ある組織がまちづくり運動の先頭に立ち起点となることは、より大きな共感を生むことが出来ます。
当委員会では、「より良いまちを創りたいという当会の想い」をまずは新入会員と共有し、新入会員も含め当会の会員がどのように行動することでより良いまちづくりが出来るかということを考え、共に成長することで魅力ある組織づくりを実現できるよう努めて参ります。
また、2020 年に思うように行うことが出来なかった当会の会員同士の交流を深めるため、積極的なコミュニケーションをこれまで以上に図り、他青年会議所との交流も活発に行うことが出来るよう、委員会で一丸となって取り組んで参ります。

 

会員拡大広報委員会

委員長 山口弘毅

当委員会の方針は、『魅力を伝え、魅力を生みだす』です。
当会は、本年に 52 年目を迎えますが、広く市民に認知されているとは言えない現状があります。市民に運動の輪を広げる為に、他の委員会と連携を取りながら当会が行っている活動の魅力を伝える積極的な広報活動を行って参ります。
新入会員が増えれば新しい刺激が生まれ組織が活性化されます。当会がより良い魅力を生みだすには、会員同士で切磋琢磨することが大切になります。当委員会は、会員が入会候補者を連れて行きたい、入会候補者が入会したいと思える交流会などを行い、会員一人ひとりが会員拡大に積極的に参加・協力をして頂ける取り組みを行って参ります。OB・OG 定例会では、交流を重点に関係性をより強固にします。8LOM 合同定例会では、友情関係を更に深められる合同定例会を設営するため取り組んで参ります。
当委員会メンバーには、率先して行動することで拡大広報の重要性に関して意識向上を図ります。また、他LOM との交流を深め、個人・組織の成長を促進させる人材となるように尽力して参ります。

 

国際交流委員会

委員長 有澤由真

吹田青年会議所に所属している我々は、諸先輩方が今まで築いてきた当会の歴史や関係諸団体・地域社会との信頼関係を大切にし、日々の活動ができるという感謝の気持ちを持たなければいけません。そして未来に向けて当会をより一層、魅力溢れる団体へと発展させ、地域社会との繋がりをより強固なものへと深化させていく使命があります。そのような使命感を会員一人ひとりが有し、自覚することで青年会議所活動への積極性が生まれます。積極性が生まれることで、自身の成長へと繋がり、さらには、未来の地域社会を担う後進に対し、多面的な角度から応援したいという気持ちが育まれると考えます。
今年度の当委員会の事業のひとつであるジョイントプロジェクトでは、日本と香港の各々の文化で育った次世代を担う学生たちがプロジェクトに参加し交流します。そこで相互理解を深め、グローバルな感覚を身に着け視野を広げることで、未来の地域社会や世の為に貢献したいという気持ちが芽生えるような機会を提供し、人材育成を目指します。また当委員会では、一年の活動を通して、当会に関わって下さっている関係諸団体、地域社会、OB・OG、そして会員と交流を深める中で、皆さんの心に寄り添いながら求めていることを発見し地域社会における吹田青年会議所の存在意義をさらに高めていけるよう目指していきます。当委員会の事業は、会員の協力があって成り立っていきます。事業を通し、ひとつのものを創り上げていく中で、会員同士が互いに切磋琢磨し合う、それが会員同士の絆をさらに醸成するきっかけや自身の成長に繋がると思います。さらには当会へ対する愛着が深まるような事業展開を目指して参ります。

 

青少年育成委員会

喜志田哲也

当委員会では、青少年の健やかな心を育む為に、市民や各諸団体と協働して新しい価値観を生み出せる機会をつくります。
新型コロナウイルス感染症の影響により、子ども同士が関わる場所や機会が減少しています。このような時代だからこそ、学校では経験できないような成功したときの喜びや失敗したときの悔しさを感じられる機会の提供が必要です。地域社会を支える当会として、会員一人ひとりが子どもたちの成長する“きっかけ”を提供して参ります。また、会員は事業を通じて、責任感や、貢献したいと自発的に行動できるようになれば、より魅力ある組織に繋がり、その組織がまちづくりに貢献する事で市民の共感へ繋がると考えます。
“共感”をテーマに青年会議所運動の意義を知り「明るい豊かなまちづくり」の一助になるよう努めて参ります。

 

事務局

事務局長 高田貴士

「明るい豊かな社会」を目指すには、51 年間吹田でまちづくり運動を展開してきた組織として、その組織の中の一個人として、組織・個人の両輪を欠くことなく成長し続けていく必要があります。
本年度事務局では、組織の成長として、毎年開催となったわんぱく相撲の運営形式を策定し、厳正で組織運営が滞りなく実施される土台を作り、研修事業ではいつ発生するかわからない災害に対して会員の防災に対する意識を高める事業を展開して参ります。
また、会員個人の成長として、青少年に対する指導力向上、市民から信頼される魅力溢れる会員の育成を目指します。
この両輪を事務局として率先して行動することで、会員に共感を生み、市民に我々の魅力を発信できる組織運営となるよう取り組んで参ります。

市長対談

Hello;) New Normal! 市民のニューノーマル 紹介

STAY HOME〜家での時間を快適に〜

不要タブレット型端末・ノートPCの寄附のお願い​

MEDIA
LINKS
近隣JC
  • 一般社団法人 池田青年会議所
  • 一般社団法人 茨木青年会議所
  • 一般社団法人 大阪青年会議所
  • 一般社団法人 摂津青年会議所
  • 一般社団法人 高槻青年会議所
  • 一般社団法人 豊中青年会議所
  • 一般社団法人 箕面青年会議所
日本JC
  • 公益社団法人日本青年会議所
  • 近畿地区協議会
  • 近畿地区協議会 大阪ブロック協議会
姉妹JC
  • 浩洋青年商會(オーシャンJC)
行政・その他団体