新型コロナウィルス感染者の経過報告と、今後の対応について

2020年7月24日

「事務局の消毒作業完了・感染者の回復と自粛期間終了のお知らせ」

7月15日に当会に所属する会員が新型コロナウィルスに感染していることが判明いたしました。
7月17日に濃厚接触者と判断された当会会員数名はPCR検査を受診し、全員が「陰性」であることが判明しておりました。

昨日(7月23日)、該当会員が利用しておりました当会事務局につきましては、殺菌消毒工事を実施し無事完了しましたことをご報告させて頂きます。

また、感染者のご家族もPCR検査の上「陰性」が確認でき、感染者ご自身も平熱に戻り、現在は自宅にて健康観察中ではありますが、順調に回復しておりますことを合わせてご報告させて頂きます。

本日(7月24日)をもちまして、吹田青年会議所の自粛期間は終了致しますが、今後の活動は会員一同、新型コロナウィルス感染症拡大防止対策を講じながら取り組んで参ります。関係各所の皆様におかれましては、ご心配をお掛けする形となり、申し訳ございませんでした。

改めまして、当会の活動に対しご理解・ご協力賜りますようお願い申し上げます。

なお、何かご不明な点等ございましたら、当会専務理事であります大枝までご連絡お願い申し上げます。

公益社団法人吹田青年会議所
専務理事 大枝 拓人


2020年7月17日

7月15日に当会に所属する会員が新型コロナウィルスに感染していることが判明いたしました。

その後、保健所主導で濃厚接触者の選別がなされ、濃厚接触者と判断された方々には保健所から個別に連絡があり、当会会員数名がそれに該当しました。

16日に該当する会員は全員PCR検査を受診し、17日に数名全てが「陰性」であることが判明いたしました。

新型コロナウィルスに感染しました当会会員につきましても、16日には平熱に戻り、保健所より指定されたホテルにて過ごしております。また、その家族についても、PCR検査を受診し「陰性」であったと報告を受けております。

我々、公益社団法人吹田青年会議所としましては、保健所指導のもと行動し、全ての関係者について「陰性」の確認が取れましたが、当会より感染者が発生したこと、PCR検査の正確性が100%でないことを鑑み、2週間(保健所の指導により7月24日まで)は会員同士の対面でのJC活動を全て自粛させて頂きます。(WEBなど非対面での活動のみ実施)

関係各所の皆様におかれましては、ご心配をお掛けする形となり、申し訳ございません。
引き続き、ご理解・ご協力賜りますようお願い申し上げます。

なお、何かご不明な点等ございましたら、当会専務理事であります大枝までご連絡お願い申し上げます。

公益社団法人吹田青年会議所
専務理事 大枝 拓人


2020年7月15日

公益社団法人吹田青年会議所にて、所属する会員が新型コロナウィルスに感染していることが判明いたしました。

当該会員は、吹田市に在住しており、7月11日に発熱、翌12日に一時平熱に戻り、13日に再度発熱した為、医療機関にて診察を受けPCR検査を受診。
14日に疑陽性と診断され、再度PCR検査を実施し15日に陽性反応が確認されました。

当会では、本件を受け、本人からの聞き取りを元に行動履歴を把握し、吹田市保健所と相談しながら濃厚接触者については検査受診を含めた対応を進めております。
関係各所の皆様におかれましては、ご心配お掛けする形となり、申し訳ございませんがご理解賜りますようお願い申し上げます。

何かご不明な点などございましたら、当会専務理事であります大枝までご連絡お願い申し上げます。

公益社団法人吹田青年会議所
専務理事 大枝 拓人